preload
2月 28

2月28日(日)、明日に卒業式を控えた3年生(高校62期)275名の鳳鳴会への入会式が母校第一体育館で行われました。

蒔苗誠鳳鳴会会長(高校18期)の歓迎の挨拶の後、22名の鳳鳴会三役・常任理事などが見守る中、新入会員を代表し安部純美さんが宣誓を行いました。(写真)

今回の入会式では、大館郷土博物館館長の板橋範芳さん(高校20期)が激励の言葉を述べました。板橋さんは、自らも今春「卒業」であるとし、半生を振り返り社会部であったことや考古学に興味を持ち自分の好きな道を歩んできたが、さまざまな場面で同窓生に助けられてきたことなどを紹介し、「一生続けられる自分の好きなことを見つけてほしい。好きな道を行けば、困難があっても必ず切り拓いていける」とエールを送りました。

コメントを追加

この記事にコメントするには ログインが必要です。