preload
11月 14

11月12日(土)午後1時「たんば田園交響ホール」を会場に記念式典が挙行されました。鳳鳴会からの出席は根田会長、立石校長先生、中田副会長、桑名副会長、小棚木副会長、山田(亮)常任理事、松下事務局。関西大館鳳鳴会から鈴木会長、佐々木副会長、山田(啓)副会長でした。式典のオープニングは「デカンショバンド」(ユーチューブ必見)。篠山鳳鳴高校生徒30余人からなるデカンショ節の民謡バンド。有数の進学校らしく歌詞は念のため単語暗記カードに、そして制服ブレザーがマッチしていました。その後開式となり式辞、祝辞、来賓紹介(立石校長先生)、生徒会長挨拶と続きました。式典の後は記念講演、現青山家当主が私立篠山中年学校創設の青山忠誠(ただしげ)公の、開校に至るまでの道のりを語られました。午後4時半からは会場をユニトピアささやまレイクプラザに移して祝賀会、硬式野球部交流戦のために見えた野球部OB会齊藤誠治会長(高17)と阿部博雄理事(高29)が合流しました。記念事業の詳報は、鳳鳴会会報2月号に掲載します。%e7%af%a0%e5%b1%b1%ef%bc%91%ef%bc%94%ef%bc%90%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8

コメントを追加

この記事にコメントするには ログインが必要です。