preload
10月 13

かつて鳳鳴高校3階の片隅に、大小様々な縄文土器が陳列されてあったのを覚えていらっしゃいませんか。この度、平成29年度第3回あきた埋文出張展示「米代川流域の縄文文化 with 大館の高校生による発掘活動」が、大館郷土博物館において行われています。期間は9月30日(土)から11月26日(日)です。貴重な土器類だけでなく、当時の社会部の部員のみなさんの発掘活動が、モノクロの画像に蘇ります。制帽をかぶってのトレンチ掘削風景は、鳳鳴生の心意気を感じさせてくれます。また、10月28日(土)午後1時から午後3時30分まで(受付12時30分から)は、社会部OB・高校30期の谷地薫氏(秋田県教育庁文化財保護班)が講師の1人として、「あきた埋文考古学セミナー」に登壇します。尚、セミナーへの参加者は当日入館無料ですので、こぞってご参集ください。

※大館郷土博物館-大館市釈迦内字獅子ヶ森1(午前9時~午後4時30分)

コメントを追加

この記事にコメントするには ログインが必要です。