preload

平成22年度 総会懇親会

平成22年度総会終了後、会場を「鳳凰の間」に移して6時30分から懇親会が開催されました。

今年度の当番期は12期、22期、23期、32期、33期、42期、43期の皆さんでした。

33期の兜森修さんと38期の高田典雅さんの司会でスタート。乾杯は当番期を代表して22期の金賢隆さん。懇親会には190名もの同窓生が参加し熱気に包まれる中、大館囃子保存会による『大館囃子』4曲の演奏。戸枝正樹さん(高10期)率いる面々は、今回ばかりは同窓生だけ。大館では保存会の演奏を聞くことはよくありますが、同窓生だけの演奏はこれまでなかったのでは?と思います。

地元では耳慣れたものですが、遠来から参加された皆さんには懐かしい故郷を身体で感じることが出来たのではないでしょうか。

また今回は若手同窓生を中心に「大館・北秋田発の映画を作り、地域を元気にしよう」と頑張っている「おおだて映像計画」のメンバーも今夏撮影、冬公開予定の映画製作のアピールを行い、寄付のお願いなどもしていました。会場後方では昨年夏に撮影された地域プロモーションビデオ『北秋時間』も上映され、美しく撮られた地元の風景に見入っている方もありました。

詳しくはおおだて映像計画のホームページをご覧ください。

そして後半は毎年恒例の応援歌合戦。大中卒業生の参加が年々少なくなる中でも、校歌「4番」は歌い継がれていました。(その前に既に3番までも忘れている方もあり… 応援歌練習が必要かも!?)

総会報告のページに戻る